Zevenet 5.2からZevenet 6に移行する方法

投稿者 Zevenet | 25年2019月XNUMX日

概要

この記事では、ソフトウェアのアップグレードに使用できる新しいAPTリポジトリを使用して、サービスを中断することなくZevenet 5.2バージョンからZevenet 6に移行する方法について説明します。 Zevenet 6オペレーティングシステムは最新の長期的にサポートされているカーネルバージョン4.19をベースにしているため、ソフトウェアの更新だけでなく、ソフトウェアのアップグレードおよび設定ファイルの変換も行う必要があります。ユーザースペース。

そのため、移行プロセスをできるだけ簡単かつ堅牢にするために、前のシステムが最新のZevenet 5.2バージョンで実行され、新しいZevenet 6が展開されて設定を受け取る準備ができていることを確認する必要があります。

準備

次のコマンドを使用して、移行するZevenet Load Balancerが現在最新のZevenet 5.2.xを実行していることを確認してください。

root@myzevenet5k:~# dpkg -l | grep zevenet
ii  zevenet                        5.2.14                         amd64        ZEVENET Load Balancer Enterprise Edition
ii  zevenet-ipds                   1.0.180810                     amd64        Security updates to feed IPDS module of ZEVENET Load Balancer
ii  zevenet-web-gui                1.2.7                          all          Web GUI of Zevenet Enterprise

また、利用可能なZevenet 6000アプライアンス(仮想、ベアメタル、クラウド、ハードウェアなど)のいずれかと共に新しいZevenet Load Balancerを展開またはインストールする必要があります。 Zevenetの移行はライセンスで完全にサポートされているので、このZevenet 6を置き換えるには、現在のZevenet 5と同じホスト名を使用して呼び出す必要があります。 次に、Zevenet 6をデプロイしてアクティブ化し、次のコマンドを使用して最新バージョンに更新してください。

root@myzevenet6k:~# checkupgrades 
25 package(s) require upgrade
To upgrade, execute: apt-get --with-new-pkgs upgrade

root@myzevenet6k:~# apt-get --with-new-pkgs upgrade
Reading package lists... Done
Building dependency tree       
Reading state information... Done
Calculating upgrade... Done
The following packages will be upgraded:
  curl dpkg libcurl4 libexpat1 libgssapi-krb5-2 libk5crypto3 libkrb5-3 libkrb5support0 libpq5 libpython3-stdlib libpython3.7-minimal libpython3.7-stdlib librrds-perl libssl1.1 nftlb openssl pound python3 python3-minimal python3.7 python3.7-minimal rrdtool unzip zevenet
  zevenet-base-files
25 upgraded, 0 newly installed, 0 to remove and 0 not upgraded.
Need to get 13.6 MB of archives.
After this operation, 101 kB of additional disk space will be used.
Do you want to continue? [Y/n] Y
.
.
.

アプライアンスからのインターネットアクセスは、APTリポジトリを介して更新するために必要とされます、必要に応じてセクションでナビゲーションプロキシを設定してください システム>リモートサービス>プロキシ。 インターネットにアクセスできない場合は、ローカルアップデートリポジトリを作成するために当社のチームに連絡してください。

移行プロセス

考慮事項

移行プロセスにより、次の処理が自動化されます。
構成済みオブジェクトの移行:仮想サービスまたはファーム、IPDS、ネットワーク、SNMPサービス、DNSサービス、SSHサービス、およびSSL証明書。
Zevenet 6のホスト名はインポートされません。
クラスタ構成はインポートされません。
global.confファイルは上書きされません(ゲートウェイ構成が同じであることを確認してください)。
この新しいシステムのアクティベーション証明書は変更されません。
Web GUIファイルのWebサービス設定がインポートされるので、SSL証明書セクションを変更した場合は、SSLに必要なファイルが以前に新しいZevenetサーバーにコピーされていることを確認してください。

設定ファイルの移行

Zevenet 5.2のWeb GUIのメニューセクションに移動します。 システム>バックアップ 名前を付けて新しいバックアップを作成します。 migration- <hostname>例えば、 移行-myzevenet。 バックアップが完了したら、コンピュータにローカルにダウンロードしてください。

次に、Zevenet 6の新しいWeb GUIに接続して、セクションに進みます。 システム>バックアップ オプションを選択します バックアップをアップロード、移行バックアップのわかりやすい名前を入力し、5.2からダウンロード済みのtarballバックアップファイルをローカルで見つけてアップロードします。 ファイルが完全にアップロードされると、メインのバックアップテーブルにこのコピーが表示されます。

さて、コマンドラインでZevenet 6に行き、次のコマンドを実行してバックアップファイルがアップロードされたことを確認してください。

root@myzevenet6k:~# ls /usr/local/zevenet/backups/
backup-migration-myzevenet.tar.gz

設定ファイルは移行する準備ができているので、次のコマンドで設定のバックアップをZevenet 6に適用しましょう。 zenbackup.pl <バックアップ名> -D52to60我々の例では、

root@myzevenet6k:~# zenbackup.pl migration-myzevenet -D52to60
Importing from Zevenet 5.2 to Zevenet 6, using /usr/local/zevenet/backups/backup-migration-myzevenet.tar.gz
A snapshot before to continue is recommended for Virtual Load Balancers.
Will be kept: current hostname, global.conf and activation certificate file.
Cluster configuration won't be imported.

Press a key to start...

.
.
.

Configuration files have been moved to the local system.
Running migration:
- Blacklists
- HTTP parameters
- Network interfaces
- L4xNAT farms
- RBAC roles

Finished, please restart the load balancer in order to apply the changes.

この時点で、システムは再起動の準備ができています。その前に、ネットワーク内でIPアドレスが重複しないように、Zevenet Load Balancer 5の電源を切ってください。

クラスタ移行

ネットワーキングのアーキテクチャ上の理由から、Zevenetクラスタサービスは移行されませんが、新しいクラスタの設定は簡単です。

この記事の冒頭で説明したように別のZevenet 6ロードバランサを準備し、このインスタンスが適用された修正プログラムを使用できるようになったら、Zevenet 6マスターノードのWeb GUIに接続してください。セクション システム>クラスタ そして両方のZevenet 6サーバーで新しいクラスタサービスを作成します。 すべての設定はマスターからスレーブへ自動的に複製されます。

変更を元に戻す

仮想サービスを使用して新しいZevenet 6アプライアンスを起動中に予期しない動作が発生した場合は、次の手順を実行してください。

1. Zevenet Load Balancer 6でsupportsaveを実行して保存します(クラスタを実行している場合は、両方のノードでこのコマンドを実行します)。
2. Zevenet 6ノードの電源を切り、Zevenet 5ノードをもう一度起動します。
3. 経験豊富な問題の詳細な説明を含む新しいサポートケースを開き、以前に生成されたサポートセーブを添付してください。

ハッピーZevenet 6移行!

上の共有:

GNU Free Documentation Licenseの条項に基づくドキュメンテーション。

この記事は役に立ちましたか?

関連記事